« April 2006 | Main | June 2006 »

May 29, 2006

ピエールドゥロンサール満開です。

花びらが幾重にも重なり豪華ですね♪
何枚あるのか試しに数えてみました。
(可愛そうなのでもう散りそうなのを選んで・・・・)
何と100枚もありました(@_@)

1rinn4001

開きかけの蕾が美人3姉妹のようですね(*^_^*)
私のお気に入りです(^o^)

3rinn40011


5年くらい前から植木鉢で、お行儀良く家にいたのですが、
去年地植えにしてオベリスクに絡ませたところ
この場所がお気に召したのか、ピエールさんの逞しさが目覚めたのか
華奢なオベリスクでしたので塩ビの棒で補強したのですが、
どんどんたくましいベーサルシュートが出て蔓をのばし
蕾をたくさん付けオベリスクはピサの斜塔のように傾いでしまいました^_^;
(この写真では傾きが判りませんが・・・・)

お花の数は50まで数えたのですが、あとは数えきれませんでした。
うれしい悲鳴ですね\(^o^)/


Oberisuku4501

ピエールさんは、お花が重たくて垂れ下がるのでパーゴラのようなのに
絡ませた方が良いのかも知れませんね。

May 22, 2006

ロココとバタースコッチ

昨年2月にアーチに絡ませた四季咲きのバラたちです。

ロココ
柔らかい色、サーモンがかったピンクの波打つような花びらが
名前負けしない優雅なお花です♪

Rokoko3001

バタースコッチ
上質なバターのような、キャラメルのような・・・・
チョッと渋いくすんだ黄色です。
咲き進むと少し色があせてきます。
地味な色ですが、ロココに負けない位自己主張しています。

Bata3001

アーチには、左がロココ、右がバタースコッチですが、昨年植える時から
ロココが大苗でしたのでこんなに差が出てしまいました(T_T)
来年までにバタースコッチよ頑張れ!!とエールを送りたいです。
昨年のロココとバタースコッチの様子はこちらです。

Ati5001


ロココの後ろにオベリスクに絡んだピエールドゥロンサールが咲き出したので
次回にUPします。

May 17, 2006

たまごぼーる(スピランサス)の芽

たまごぼーると何とも可愛らしいネーミングに誘われて
我が家に来て(昨年夏)寄せ植えで長いこと楽しませてもらいました(*^_^*)
キク科だそうで、この玉がたくさんの小さな種をつくっているので、
試しに種を採ってみました。

Hana11

16℃位で発芽するそうなので、3月末に室内で蒔いてみましたが、
芽は出たのですが、管理が悪く全滅してしまったので^_^;
又、挑戦してみました。
これは10日位経っていますが、今のところ無事に育っています♪
横に広がりますが、お行儀悪くもならず中々の優等生です(^O^)
たくさん発芽していますから寄せ植え、花壇のグランドカバーにしょうと
思っています。

Tanemaki1


まだまだたくさん種がありますので、蒔いてみたいと思われる方に
差し上げたいと思いますので、こちらに足跡を残して
右上のプロフィールからメール送信で、お知らせくださいませ。

昨年の記事はこちらです。

May 13, 2006

種まきデルフィニューム開花中です。

昨年8月初旬に種まきしたデルフィニュームが見事に咲きました。
デルフィニュームが自分で種蒔きしてこんなに咲いてくれるとは、
大感激です\(^o^)/

6001


発芽適温は15℃内外で低く高温になると発芽がわるくなるそうなので
ダメもとで、8月の暑い時に室内の涼しくしている所で蒔いてみました。
涼しいとは言っても26℃位だと思いますが・・・・・
何とか発芽しこれは1ヶ月のひ弱なデルフィちゃんです。

Tane1

秋にポット上げして軒下で冬越しさせた3月下旬の様子です。
元気に育ってこぼれ種のブリエッタと同居している子もいます(*^_^*)

Potto1

折角咲いてくれた子たちなのでアップでご紹介です。
ブルーと紫が一番多かったようです。

Buru1 Murasaki1_1


白は1本だけでしたが、ずんぐりとしていますが、お花がびっしりつきました。
薄ピンクは2本です。

Siro11_1 Pinnkuburu1

これはタキイで注文した株です。
さすが花付きが揃っています。

Tubomi3001 Takii21


今年も種まき頑張ってたくさん咲かせたいです(^o^)

May 07, 2006

ベル・オブ・ウォッキング

5月3日は私めのお目出度くも無い、うん十歳のお誕生日でした^_^;
でもプレゼントを頂くのは、何歳になってもうれしいですね(*^_^*)
娘からクレマチスのベル・オブ・ウォッキングを頂きました。
実は私もチビ苗を育てているのですが、たくさん咲いている鉢なので
思わず「ありがとう」とにっこり!!
薄いピンクの花びらが幾重にも重なり、バラのような豪華さですね。


Appu1
Pinnku1

咲き進むと薄い藤色になりました。
アレクサンドリト(左)とルリオコシ(右)に挟まれて記念撮影してみました。
美人さんの勢ぞろいみたいですね(^O^)

3hati1


  うちの子の一部です。

昨年秋にチビ苗だったベル・オブ・ウォッキングの蕾
外側の花びらが一枚ずつ離れて豪華に咲いてくれるのも近そう!\(^o^)/

Tubomi1_1

天塩
ちょっと赤味がかった紫で大人の感じですね。

Tesio11

ベル・オブ・エジンバラ
咲き始めは黄緑で咲き進むと白くなります。
私は咲きはじめのこの色がさわやかで好みですね。

Ejinnbara1

アレクサンドリト?なまえがちがうかもしれません^_^;
ワインカラーで華やかですね。

Aka1_1

ルリオコシ
ベル・オブ・ウォッキングより花びらが少ない八重ですが
これまたお気に入りです。
(自分で育てた子はみなお気に入りです。)

Ruriokosi1


May 02, 2006

ガラスの花

昨年秋にお花のカタログをみていたら、
ネーミングと不思議なお花の写真に惹かれて
小さな球根を家にお迎えしました(^O^)

ユリ科オーニソガラム属
南西アジアからヨーロッパの原野や荒地に自生する
正式和名はオーニソガラム・ヌタンス舌を噛みそうな名前ですね。
私はガラスの花のほうが、素敵だと思うのですが・・・・・・

111

よくよく見れば花びらの外側がみどりで、内側の白に透けて幻想的に見えます。
(家族からは、お化け見たいとか・・・・言われていますが^_^;)
お花は2~3cmのユリのお花みたいで
葉はアイリスの葉を小さくしたような形で
ヒヤシンスのように上に向かって咲き進んでいきます。

211

家族に何と言われようと私のお気に入りです(*^_^*)
原野や荒地に自生するそうなので来年は増えてくれるかしら~~??

« April 2006 | Main | June 2006 »

My Photo

こいぬMAX♪



May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Recent Trackbacks

ガーデニングTB

無料ブログはココログ

Thank you !


  • TOTAL


    昨日


    今日